吉原と言ったら高級ソープランドしかないように思われるかも知れませんが、実はデリヘルやピンサロ、そしてマッサージエステなど色々な種類のある風俗エリアになっております。
上野や鶯谷からも近いエリアにありますので、沢山の旅行客や出張で訪れているサラリーマンなども利用し活気のある風俗街として知られています。
わたしは吉原といったらソープランド一択だったのですが、ソープランドはどうしても利用料金が高いという事もあり、多くても半年で1回くらいしか利用できませんでした。
しかり、知り合いに吉原にある制服系のマッサージエステがある事を教えてもらい、エッチな事ももちろん目的でしたが、ソープランドにはない癒やしの効果を期待して利用してきました。

吉原の制服マッサージエステ

初めていく吉原の制服系のマッサージエステはとっても新鮮で、最初はドキマギしてしまいましたが、お店の受付でしっかりと説明を受け、好みの巨乳女性を指名し部屋で待ちました。
エステティシャンの女性は私の洋服をゆっくりと脱がせマッサージを受けるためのガウンに着替えさせてくれました。
そのままベッドに移動し、全身にゆっくりとひと肌よりも少しあたたかくしたオイルをたっぷりとぬって全身マッサージをしてもらいました。
風俗に来ているのですから、射精を最終目的に来ていますのでどうしても気が急いてしまっていたのですが、エステティシャンのテクニックが上手で身をゆだねていたら少し眠ってしまいました。
優しく起こされた時には身体がとってもスッキリしていてそのまま手コキをしてもらいます。
こちらからはおさわりはナシという事だったのですが、OLの制服からは胸の谷間やパンツが見えてしまっていてかなり興奮してしまいました。
また特別にと言う事で履いていたストッキングをかぶらせてもらいながら、上目使いでフェラしてもらって最終的には素股で前後に腰をくねらせるようにグラインドしてもらってフィニッシュ。
オイルやザーメンの付いた身体をシャワーで洗い流してさっぱりして終了。

前半と後半のメリハリが良い

初めて制服系のマッサージエステを利用しましたが、他の風俗のようにイチャイチャしながらプレイをするのではなく、店員と客という線引きがはっきりとしている前半のマッサージパートと、手コキからはじまる性的なサービスをするパートとでメリハリがついていてとても満足する事ができました。
特にOLさんの制服から延びるスラッとした手足、動くたびに揺れる巨乳などを見ながらじらしにじらされてからの手コキですので、最初のワンストロークでいきそうになるほど気持ちが良かったです。